2021-06-09

糖質を摂りすぎると

肌トラブルが続いている場合、腸内のバランスが崩れていることと糖質の過剰摂取を疑ってみてもいいかもしれません。

糖質を摂取しすぎているか気をつけるべき兆候

1、肌老化、ニキビや肌荒れ

甘いものを食べると糖質分解のために、ビタミンBが大量に消費され、ビタミンBが行う皮脂バランスの調整が上手くいかず皮脂が過剰に分泌されてしまいます。よって、アクネ菌の増殖や肌トラブルに繋がります。

2、過食

糖分には中毒性があり、砂糖は麻薬と同様のドーパミンを分泌し、脳内に快楽を与える経路を活性化=常に甘いもの食べたい衝動に。

3、エネルギーがわかない

糖質が多い食べ物は血糖値を一気にあげてしまうことで多くのエネルギーが必要とされます。さらに急降下を起こすので倦怠感が生まれてしまいます。

糖質は腸内の悪玉菌などのエサにもなるので、日頃甘いものを良く食べられる方は気をつけていきましょう^ ^

関連記事