2021-05-21

梅雨の時期の不調

雨が続いて気分も憂鬱という方も多いのではないでしょうか。。。

梅雨になると低気圧が続くと身体は副交感神経が優位に働きます。

副交感神経は、緊張をほぐし身体を休ませる神経です。そのため身体がお休みモードになりだるさや、やる気が出ないと感じてしまいます。また低気圧が続くと肩こりや偏頭痛がひどくなることも、、、

低気圧だけでなく、この時期は気温の寒暖差も激しいです。激しい気温差は身体にとってストレス、ダメージとなり疲れやすくなることもあります。

また湿度も高く、身体の代謝も落ちがちなこの時期、だるさや食欲不振、消化不良、下痢や便秘を引き起こすことも、、、

こんな梅雨の不調を改善するために

起きている時に交感神経が働き、休んでいる時に副交感神経が働くように生活リズムを整えるような習慣をつけましょう!

朝起きたらカーテンをあけ光を浴び体内時計をリセット(曇りや雨の日もカーテンをあけて部屋を明るくしましょう)

朝食をとって活動モードに!日中は意識をして活動的に(ウォーキングやストレッチなど身体を動かすことも習慣に!)

夜はお風呂のお湯にゆっくり浸かり心身をリラックスさせ、充分な睡眠を摂りましょう!

冷えにも注意をし、冷えたらすぐ羽織れるよう出先でも薄手のカーディガンやストールを持ち歩くことや、湿度が高いと汗が蒸発しにくく熱が体内にこもった状態になるため、エアコンをつける際はドライ機能を使うと良いです。

また、冷たいものや生ものの取り過ぎには注意して、疲れを溜めないために魚、鶏肉、大豆、乳製品などから良質なタンパク質をとり、エネルギーとなる炭水化物や調子を整えるビタミン、ミネラルもバランスよく摂りましょう!

梅雨のだるさからそのまま夏バテに繋がらないように今から対策をして気分さわやかな梅雨で夏を迎えましょう!!!

関連記事