2021-03-08

日焼け止めの選び方

前回紫外線が原因で起こりうるトラブルについてお話ししましたが、今回は日焼け止めの選び方についてのお話しです。

皆さんは何をみて日焼け止めを選びますか?

私たちが防ぐべき紫外線には2種類あります。

日焼けやシミの原因になる強いエネルギーをもつ【UVB】

しわやたるみの原因で弱いエネルギーだが長く肌の奥まで届く【UVA】

UVBを防ぐ指数が【SPF】、UVAを防ぐ指数が【PA】です。

よく日焼け止めにSPF30やSPF50など数値を目にすると思います。

この数字はUVBを浴びて炎症を起こす時間を30だと30倍遅らせることが出来るという数字です。

またPAは+の数で防ぐレベルを表記されています。+が多いほど効果が高くなります。

ではどちらの指数も高いものを毎日塗ればいいかというとそうではありません。

SPF数値がが高いと肌への負担も大きいため注意が必要です!

・日常生活...SPF20、PA+~++

・外出先や屋外での活動...SPF30~40、PA+++

・日差しが強い時の活動...SPF50、PA++++

・特に紫外線が強い下での活動時や紫外線への抵抗力が弱い方...SPF50+、PA++++

その日の活動によって使い分け肌負担もなく紫外線トラブルからお肌を守ってあげましょう!

紫外線による肌へのダメージの蓄積は今だけでなく将来の肌トラブルの原因となるため日頃から対策をしておきましょう!

関連記事