2021-05-07

お肌は内臓を映す鏡

「肌の状態は腸内環境を表す」といわれるほど、腸内環境と肌は密接に関係しているものです。

腸内環境が良くない方は、腸の状態がニキビや肌荒れなどの「肌トラブル」というかたちで皮膚に表れてるのかもしれません>_<

腸内環境の良し悪しの一つとして便秘のお悩みがありますね。

便秘になると(腸内細菌のバランスが崩れると)腸内にアンモニア、フェノール、硫化水素などの腐敗物質が多く産生され、腸管内で吸収され血管を経由して、体全身をめぐり、肌トラブルに直結しやすくなります。

実際に、便秘を解消させることで、ニキビや肌荒れが改善した方もいらっしゃいます(*^^*)

だからこそ、腸内環境を整えて、便通を良くすることが肌質改善につながっていきます。

美肌づくりに欠かせない「腸内環境を整える方法(腸活)」

善玉菌を多く含む発酵食品を食べて腸内の善玉菌を増やすことが近道です♪

乳酸菌を含む発酵食品にはお味噌、漬物やチーズ、キムチなどがありますが、手軽にとれるという点から考えるとヨーグルトもおすすめですよ^ ^

関連記事